« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

普段はこの持ち方をする女性は嫌なのですが・・・

普段はこの持ち方をする女性は嫌なのですが・・・
ここまでくると、筋トレっぽくてトキメク。

※写真だとわかりにくいですが、肘と手首にそれそれバッグを掛けてます。
 むしろ、手首にかかっている荷物の方が重そう。


ちなみに、こういうバッグの持ち方が嫌なのは、
バッグの動きが定まらないのを気にしていないからです・・・。
同じ理由で、ごつくて堅い書類orPCバッグを肩からかけてぶらぶらさせているおじさんも嫌・・・。
斜めがけして、体の前にもっていって・・・。
そしてリュックの片側だけ肩からはずしている人も。のん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のお菓子はパッケージが可愛い。

春のお菓子はパッケージが可愛い。
といいつつ、パッケージの写真を撮るのを忘れました・・・。

連休に実家にもっていったお菓子。
ピンクだから姪っ子が喜ぶかなあと思ったのですが、いまいち。
(父の退院祝のお寿司が大量だったというのもある?)

味は不思議食感でした。
米粉ケーキ流行ってますね。間に刻んだ桜の葉の塩漬けを混ぜた水ようかん的な感じ。

染井吉野ももうすぐ見頃ですね。
今年はどこに見に行こうかなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑に行ってきました。 4

新宿御苑に行ってきました。 4
新宿御苑に行ってきました。 4
新宿御苑に行ってきました。 4
・寒緋桜
  下からメクラでとったらダメダメです。
  この子はとっても小さい株で、150cmくらいしかありませんでした。
  上野公園の噴水前には立派な寒緋桜がありますね。
  長い間咲いて、目を楽しませてくれます。

・大寒桜
  東京で染井吉野より早めに咲いている、白っぽい桜といったら、
  この桜が多いですね。

・修善寺寒桜 遠景
  満作や山茱萸が咲いているところから見た風景です。
  水辺に桜は日本人の基本ですねえ。
  側には白か黄色い花を是非とも。

ひっさびさの新宿御苑。満喫しました。
本当は木瓜とかも見たかったのですが、日も暮れてきたことだし、終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑に行ってきました。 3

新宿御苑に行ってきました。 3

100314152453
新宿御苑に行ってきました。 3

・満作
  よく見ると派手なのに、地味な印象なところがいいです。
  蘭の花のような色合いですね。
  花つきがいいのでこの名前ですが、
  実際のところ、隣の山茱萸のほうが、断然一重だの花数が多いです。

・修善寺寒桜
  色は濃いのですが、印象が染井吉野に似ているせいか、
  池沿いにあるせいか、最も人だかりがありました。
  寒緋桜と大島桜の雑種といわれています。
  まさに修善寺の境内にあることからこの名前が付きました。

・花桃 源平 (つぼみ)
  真っ赤な桃花と赤と白の混ざった桃花が一つの枝につきます。
  染井吉野の終わりの季節から咲く、新宿御苑春の楽しみの一つ。
  派手なので毎年人垣ができます。

・・・なんだか写真と説明が常に逆?(笑)
メール投稿なので、許して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑に行ってきました。 2

新宿御苑に行ってきました。 2
新宿御苑に行ってきました。 2
新宿御苑に行ってきました。 2
・寒桜
  独特の色気のある桜です。
・クリスマスローズ
  もうシーズンも終わりです。下からメクラで取ってみました。
  お花に見える部分は紫陽花と同じでガクです。
・山シュユ
  さすがに携帯では漢字が出ないみたいです。
  小さい可愛らしい花が咲き、秋には赤い実がなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿御苑に行ってきました。1

新宿御苑に行ってきました。1
新宿御苑に行ってきました。1
新宿御苑に行ってきました。1
・白木蓮
  枝垂れてきている木があって、久々に香りも楽しめました。
  満足v
・雪柳
  日陰になっている株だけがすずなりでした。
  雪柳と小手毬は何とも愛らしいですね。
・幣辛夷(シデコブシ)
  つぼみです。愛らしい。これがぱっと開くのですね。
  なかなか珍しいです。たしか絶滅危惧種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山手トンネルウォーク プレートコレクション

山手トンネルウォーク プレートコレクション
山手トンネルウォーク プレートコレクション
山手トンネルウォーク プレートコレクション
・下り150m、上り120m。あなたならどっち?
・消化の図が可愛かったのですが、上手く写らず。
・渋谷Aエリア24ブロック?首都高博士、教えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山手トンネルウォーク @池尻大橋

山手トンネルウォーク @池尻大橋
山手トンネルウォーク @池尻大橋
山手トンネルウォーク @池尻大橋
「山手トンネルウォーク」に参加してきました。


参加申し込み時から突っ込みどころ満載なのは、ともかく、
私は途中途中にある「522OH/523OH」といったパネルが気になって気になってしょうがありませんでしたが、
これは、上方から水をシャワー状に流すためのエリアブロック番号なのだそう。
そして単位は「オオハシ」。

「368オオハシで火災発生」「367オオハシから369オオハシ、放水開始します」


・・・イケジリの立場は?!
むしろIJとかIOとかじゃろ。

そもそも単位必要?(笑)

以下、その他の主なツッコミポイント(TP)

TP01:ゆるい 1: 登録
登録したときに必要だったのは名前と人数だけ。
不安でしたが、何のことはない、ノーチェック。
なんとなく人数を把握して入場を分散させたいと言うだけの申し込みだったようでした。
まだまだこういうイベントに来る人たちは、良識があると言うことでしょうか。
このシステムであれば、10時からの回で正解でしょう。


TP02:ゆるい 2: ようこそ!
会場入り口ではのっけから「ようこそ 山手トンネルウ ークへ」の文字が迎えてくれます。
(うかつにもカメラを会社に忘れてきたため、携帯カメラでは捕らえられず)
目の前では、思い切った割り込みをするお父さんと低学年くらいのぼうやも出現。
父:「しょうがないなあ」って何が?(笑)
しかし誰もとがめない。穏やかなのか、心が巨大建造物にいっちゃっているのか。


TP03:デートコースにも山手トンネルを!
そして中に入った我々を迎えてくれたのは、
光のページェント。
春なのに冬の柄なのがちょっと寂しい。
使い回しと思われ、そのあたりは共感が持てて○。
皆さんが最後の巨大モチーフを、「ラスボスだ」と言っているのが、世代を感じて◎。


TP03:過去の遺物ぷり
こういういろいろからむ巨大建造物ではしょうがないのですが、設計思想が古い・・・。
バブリーです。
説明のお兄さんをいじめてもしょうがないのですが、維持費が莫大そう(笑)
上面はまるでマンション併設のお庭のような感じ。


TP04:覚悟してぶつかるがいい
分岐点の先端が、かなり硬い素材でできていました。
ぶつかったら確実に車が大破します。
スピード出しすぎんなよ。


TP05:フリーダム
模型、触り放題。動かし放題。

働く自動車・バイクの触り放題。乗り放題。
消防車から、パトカー、高速道路メンテナンス車まで。
一応1台につき一人スタッフさんがいるのですが、
みんな自由にいろいろあけたり閉めたり乗ったり触ったり・・・よじ登ったり。
普段の働く自動車に触れられるイベントでは考えられない自由度です。
(どれもびっくりするほど磨き抜かれてピカピカだし!新車?)
幼児を抱えて背より高い運転席に上ろうとする若いお母さんに、スタッフさんも困り顔。
大人気ない大人が沢山いるので、ついうっかり私も子供に混じって、
メンテナンス車の運転席に乗せてもらいました。集団心理怖いわー。
高い!かっこいい!絶対運転できないけど!!
運転席は意外に狭かったですよ。
バイクもぺたぺた触りまくり、計器の写真も取りまくりです。
このブースが最高級に楽しかったです。


TP06:ゆるい 3: スケジュール
OHは放水担当のおじさんに確認したのですが、
「30分くらいに放水するから見てください」
時計は20分過ぎ。同行者を待たせていたので、あきらめたところ、少し歩くと、水音が。
時計を見ると25分。
この日本において、「くらい」過ぎ(笑)
ま、遠目にでも見られたので満足です。


あー、いろんな意味で楽しかった。


TP番外:お昼を食べたお店の対応が最悪
食べ放題と言うことで餃子屋さんに入ったのですが、
4人座って「2つください」といったら、「2皿」ではなく、出てきたのが「2個」。
しかもとても待ってから。
絶対わざとだと思うのですが、わざとでなかったら、脳の仕組みに致命的な何かがあるのでしょう。
ちょっと、本当に客商売しているとは思えないくらいひどすぎる(笑)
個人的にはあんまり被害にあってないからいえるのかもしれないけれど、
正直あそこまでいっちゃうと、ネタ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねこ 岩合光昭写真展 @日本橋三越

ねこ 岩合光昭写真展 @日本橋三越
生岩合さん。
といっても、私はサインはもらいませんでした。

というか買い物もしませんでした。
ちょっと恐ろしいくらい混んでおりましたよ。

こういうのは大丸ミュージアムや高島屋が強いですね。
並ぶのは並ぶのですが、客さばきも早いのです。

写真はもう、可愛らしかったですよ。
なんというか、猫を見る目、人を見る目が暖かいです。
私のように、猫と暮らしたことがない人と、
猫と暮らしたことがある人では、やはり、可愛いポイントが若干違うように思うのですが、
どんな人も楽しめる写真展だったと思います。

猫がいないと生きていけない人はトロトロに、
ただただ「かわいー」な人も、かわいー連呼に。

個人的には写真の美しさにほれぼれしましたよ。
生き物の写真なのに、お外の撮影なのに、毛の一本一本がわかるのですよ。
やー感動。

誘ってくださったMさん、チケットも含め、ありがとうございました(^O^)

3月15日まで。10時から19時。
最終日(月)は16時までだと思います。

ポストカード買いに行きたいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツマタが咲いてます。

ミツマタが咲いてます。
ここの三椏は、かなり立派なぼんぼりです。
通る度に花つきがいいなあ、と感心してしまいます。
近くに同じ科の沈丁花が強い芳香を放ちつつ咲いているので、
三椏の、ごく控えめな優しい甘い香りは、鼻を近づけないとわかりません。
これも春の贅沢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動かなきゃいけないのに

なかなか動けない。
久々に土日に何度寝もしたかも・・・。
まだ眠れそう。。。

単に潰瘍再発なだけなんですけどね。
寒暖の差ありすぎです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波と津波

サーファーの人たちがなんか勘違いしているのはしょうがないとして、
ニュースでいい歳の漁師さんが
「10cmなんて高波と一緒だからよ」
と言っていたのにはショック。
ああいうのは、長老みたいな人が
「オレがお前くらいのころにな・・・」
とか口伝するものじゃないのですか?
(民話&昔話の読み過ぎ)

で。理系の人にはおなじみかと思いますが、波と津波は別物です。
いろいろ別なのですが、下記サイトが数理系に弱い人でもわかりやすくまとめています。
http://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~mako-ok/nankai/higai/tunami/nami.html?=namim.html
簡単に言えば、
・同じ高さでも水が沢山でなかなか引かない=陸に与える威力が大きい
・そもそも発表される「何cm」のはかり方が違う。時に同じ数値のときの実質差は2倍。

このサイトもそのあたりがわかりやすいですね。
http://www.84p.net/tenkiya/cwf19.html
こちらにはエネルギーに関しても記載されていますね。
質量と速度が大きいので運動エネルギーが圧倒的に津波のほうが大きいのですよ。

とにかく数値が小さくても恐ろしいんですから、
「ビッグウェーブ来るんじゃね?」
とか言って、警報が出ているときに海に出ちゃいけませんよ。
そして、「海に入っていたらわからないじゃん」とかいう意見もあるようですが、
仮にも大人がスポーツしに海に行くなら、警報くらいマメにチェックしておこうよね・・・。
たぶん緊急放送の存在も知らないんだろうな・・・。

避難率といい、色々ショックな出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »