書籍・雑誌

大奥 3巻

ちょっと前に出ましたね。
渋谷のツタヤで買ったのですが、レジ待ちで並んでた5人がみんな持ってたのが笑った。
白泉社、よしながふみ様サマですな。

で、なんで今日かというと、駅からの道のり、女子大生らしき二人組が興奮して、あらすじを話していたのですよ。
この巻の流れは概ね男女が入れ替わっているだけで、一般の史実通りなので、家光、お万、お玉といえば、ちょこっと教科書を超えて徳川について知っている人には有名どころなわけですよ。(見てないけどおいしいところなので、きっとTVドラマの大奥にも出てきたのでは?)
流れのうまさには感動しても、設定は新しいわけではないのです。
ですが、「もーちょーかわいそーなのー!!」と大感動して話しているのを聞いていると、ちょっとうらやましいなあと・・・。
お万が永光院になり、第二の春日局とよばれ、お玉がいづれ桂昌院になるのを知りながら読んでいるのと、知らないで読んでいるのでは、2巻からの話は楽しみが随分ちがうよなあ・・・。と。
ちょっと定説とずれたりしないかなあと思ってましたが、やっぱりずれませんでした(笑
(ずれているといえば、家光正室の孝子はどこ行っちゃったんでしょうね。2巻に出てきたっけ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田崇史サイン会

高田崇史サイン会
五山の展示に行こうという野望は、寝坊で消え、
高田崇史のサイン会に行ってきました。
とはいえ、今回はQEDシリーズのサイン会で、ぴいくん(千波君シリーズ)ラブの私としては、伺うのもオコガマシイ感じなのですが、QEDファンで土曜仕事の友達2人へのサインをもらいに行ってまいりました。
急に一人Mさんが来られることになり、もう一人Hさんも終わるかなあ?というころ来られるようになりました。
書店の人に事情を話すと、快く順番を後ろに下げてくれたので、ハラハラシしながらもう一人を待ちます。
順調に押していき、間に合うかもと期待を抱いたものの、
とうとう列は10人を切ったのですが、友達到着せず。
二人ともキョロキョロ来るはずの方向を見てしまうので、
思わず
「Hさんの心配は私がするので、MさんはHさんの分まで先生を見ておいてください。私は記憶力がないので!」
といったら、大爆笑されました。
本気だったのに!! (>△<)
結局間に合わず。。。
私がその方の分ももらいました。
しかし、Hさんにサインするとき、一緒に書いていた河童の絵に
「かわいくしておきますね」
とすごくまつげを書いていたのはなぜだろう・・・。
私が「この人来られなかったのですが、先生の大ファンなのです。先ほどのMさんと同じように書いてやっていただけますか?」
というと、おまけで書いていたカオウは入れてくれたのですが、まつげはナシ。。
なんだったんだろう!と盛り上がりました。
ところで、Mさんはお花を、私はぴいくん似のマスコットを持っていきました。
たいてい、サイン会のときって、お花を沢山もらっていて、後はお菓子っぽいのが並んでいるのですが、高田さんの場合は、酒っぽい箱がずらーっと。
酒盛りミステリばっか書いてるから・・・。
Mさんが花をおいたときは気がつかなかった模様。
(すでに貰いものは酒的意識がついてしまったらしい)
そして、私がマスコットの入った袋をおいたときは、その存在感のなさに驚いたのか、
「中に何が入ってるの?何?」と興味津々でした。
思わず言ってしまった言葉は「ぴいくんに似たものです」
見たこともなきものを見たかのように言い。
(しかも「もの」)
でも、ホントに似てるんですよー。(写真)
しかも中が白地に赤と青でキッチュな模様が書いてあるの。ぴいくんが着そうでしょ?
妹のチャコちゃんに見立ててイチゴのキーホルダーもつけときました。
私でサイン会は終了。Hさんは間に合いませんでした。
10分後合流して、だれもいなくなった会場を見てきましたよ。

ところで、同日30分後から江原さんのスピリチュアルサイン会が開催されるとのことで、あからさまに高田ファンとは別の世界の人々が集まっていました。
なんつうか、フリル率巻髪率そもそも女性率高し。
高田さんは連絡通路でサイン会(って、そもそも初めてなんだけど、そんなんあり?)。
江原さんはホールでサイン会。なんだかなあ・・・。

あと、現代人なのに花押を持っている人っているんですねえ。何の謀略があるというのか。
歴史マニアだからか。

お茶をして帰ってきたら、家のカギがあいていました。
貴重品は特に何ともなかったのですが、び、びっくり・・・。
疲れているのかな。明日はゆっくりしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加納朋子のサイン会

加納朋子さんにサインをもらいに、TRICK+TRAPの8月例会にいってまいりました。
なんか、印象変わってました。しっかりママになってましたよ。
今も素敵なのですが、10年前の駒子みたいな加納さんのお話も聞いてみたかったな、と思いました。
色々、サイン会にいけることがあったら、これをして、あれをして、とくに花は青と白にまとめて、トルコキキョウとラナンキュラスでフワフワにして、青い小花を入れて、とか夢見がちに考えていたのですが、実際は朝から腹痛にさいなまれ、ぎりぎりにできるだけ近いブーケを買っていく始末。
リベンジできるといいな。
じつは例会といっても、最近のミステリをまるで読んでいない私。
よく聞いたら他の書店でサイン会をやったらしく、そちらに行けば良かったと反省。
緊張で混乱するし、加納さんの話題以外はさっぱり話がわかりません。
隣になった人がとても元気がよくて、正直少し疲れちゃいました(><);
ミステリ全般ファンと加納さんファンと半々という感じでしょうか。例会も兼ねているのでしょうがないのですが。
写真とか、会話とか、色々と、ださないでくださいね、と断りがかなり入りました。
Webとかに載せる人がいるということなんだろうな。。。
肖像権は守ろうね。
机の移動があってから、お孫さんがいらっしゃるオジサマの隣になりました。
巨匠のサイン会の話をうかがったり、最近のおすすめ本格の情報をいただいたり、日本の日常ミステリの歴史について論じたりしました。
わーん!こうでなきゃ!!
その後、他の方々にお茶に誘われていってきたのですが、
加納トークはなく、やはり最近トークについていけず、周囲にご迷惑を・・・。
「今日はなんで来たんですか?やっぱり加納さんだったからですか?」
と言われてしまいました。
ほ、ホントにね・・・。(加納さんに会いたかったからだよ〜!文句あるか〜!!←壊れ気味)
見知らぬ人で近しい趣味の人の誘いを断れないのは何とかしないといかんなあ。
とはいいつつ、新刊情報など、色々入手してきました。
次の月9が探偵ガリレオで、しかも福山さんが湯川だというのにびっくりしました。
顔が良いにしても、もう少しエキセントリックな方が、、、
というか、恋愛要素がないけど月9いいのか?
(容疑者Xまでやるのか?その場ではフジお得意の「ドラマ放送後にXを映画で」パターンでしょうという話になりました。)
物理トリックが目で見られるのは楽しいかもしれませんね。
2時間のドラマスペシャルでオムニバスくらいがいいと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北村薫、直木賞落選

しょんぼり。
まあ、ここまで来てベッキーさんシリーズでというのも、ちょっと物足りないかもしれませんが。
大好きですけれど、足元が揺らぐとか、踊りだしたくなるとか、そんな影響を受けるぐらいかといわれると、、、
力作と感じさせないのが北村薫の持ち味という審査員がいたそうですが、同じように後味がいい、もっと心にガツンと来る北村作品もあるからなあ。
古川薫は10度目の正直、65歳で受賞です。
まだまだ頑張って、受賞まで毎年ノミネートされますよう(=毎年1冊は読めるよ!わあい!)
受賞作、時代小説かあ。さすが直木賞。流行をうつすねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I've a rich understanding of my finest defenses

ペンネームが書いていないので何名義かはわかりませんが、オノ・ナツメの本。
さっき、一話だけ再読しちゃいました。ええ話しや。
出版社の印刷もないので同人誌なのかな?
ジュンク堂池袋で偶然発見。
NYPDのESUチームの話。
レスキューと特殊部隊が混ざったようなチームらしいです。
親子関係も絡んで、いい感じの人間模様に仕上がっています。
寂しいことと嬉しいことは繋がっているのよねと、しみじみ感じさせてくれる一冊です。

そうそう、老紳士の話の続き(?)は8月に単行本が出るらしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブタフィーヌさん

先週から今週の「ブタフィーヌさん」ときめいたわー。
http://www.1101.com/butafine/index.html
未読の方は、最初からか仔猫のポエムちゃんが初登場するお話からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の読書

本日の読書
=====================
◇月光ゲーム◇
読者への挑戦がなーい!! のーん!!
ほろほろほろほろ。
やはり、やはりそこだけは入れてほしかったのね。しょんぼり。
絵は雰囲気出てました。今風なのはしょうがないよね。
やっぱり、ちょっと駆け足の感はあるのですが、
青春な雰囲気はちゃんと伝わってきたし、
1冊にまとめるのはきっと大変だったことでしょう。

お話が苦手な人ならともかく、きちんとマンガをかける人がコミカライズするのって、
結構否定派なのですが(もったいないから)、出来れば他のシリーズもこの方がやってほしいな。
特に江神さんの雰囲気が殺されていなくて嬉しかったです。
体もしっかりしてたしね。
アリスはもっとダサダサでも・・・(笑)
マリアが楽しみだしね!! 大好きなのです。マリア。かわいい。

=====================
◇極楽青春ホッケー部 4◇
山田太郎ものがたり以来、ついつい買ってしまう森永愛。
ちなみに、山田太郎は最初ボーイズラブ物かコメディーか迷いに迷って、
コメディーであることに賭けてジャケ買いした思い出の作品。
当時、私の中で男二人が表紙の少女漫画は要注意!!でした。
あの頃のハラワタよじれるワイ的な笑いはなくなったけど、やっぱり罪がなくて面白いです。
なんとなく気が付いてはいるのですが。・・・単純に色物キャラが少ないからよね。
今回はニワトリが。。。イイ。思う存分愛に破れたまえよ。

極楽青春ホッケー部 4 (4) Book極楽青春ホッケー部 4 (4)

著者:森永 あい
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーオブライフ

今日はフラワーオブライフですよ。
3巻が出ました。
2巻レベルの爆発はないものの、面白かったですよ。
なんつうか、みんなそれぞれ沢山考えているのよね~とか。
あの子たちのえらいとこは、山根さんを利用しないとこだと思う。
みんなそれなりに自分で嫌なこともやっているよね。
ほんとの高校生はあんなに純ではないよね。
プチ真島ばっかりです。
(オタクというわけではないですよ)
そういえば、今回は「ラノベ」と「ツンデレ」がわかりませんでした。
奥が深いですね。
画像は2巻しかありませんでした。

フラワー・オブ・ライフ (2) Bookフラワー・オブ・ライフ (2)

著者:よしなが ふみ
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼんぼり八重桜

ぼんぼり八重桜

目黒川沿いの八重桜がよい感じです。 昼間見たいなあ。 最近会社の21歳男子が私と同じ職場になりまして、 お昼ご飯を一緒に食べているのですが、何ていうか私、あのくらいの男子がちょっと苦手なのですよね。。。 本人には言えませんけれど。くうぅ。 なぜあんなに断定形なのか。自信満々なのか。 2カ月間ガチンコです。ガチンコなのです。 ああ、胃が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささだあすか

ささだあすかの「三日月パン」最終巻が出ていました。
かわいらしかった。でも2巻の方が好きかな。
微妙な関係の方が好き。
遠藤淑子の「マダムとミスター」とかね。
しかし、設定ではなつきちゃんとともって14歳離れてますよ。
犯罪だよ~、とも。10年もみずほちゃんLoveかと思うと
それもまた切ないですが。
私は以前出てきた男の子がよかったな・・・。
かわいらしくて。

三日月パン 3 (3) Book三日月パン 3 (3)

著者:ささだ あすか
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)